過蓋咬合(かがいこうごう)とは?

このページでは、過蓋咬合とはどういったものなのか、さらに考えられるリスクや治療についてご紹介しています。

過蓋咬合(かがいこうごう)とは?

奥歯までしっかりと噛み合わせると、通常は2〜3ミリほどの重なりが生じます。しかし、過蓋咬合の状態だと、上の歯が下の歯を隠すようにしっかりと重なります。下の歯が半分以上見えない状態になっていたり、下の歯が上の歯に覆われているような状態になります。
何ミリ覆われている場合に過蓋咬合かという具体的な基準はありませんが、一般的に下の歯が1/3以上隠れていたり、下の前歯の先端が上の前歯の根元や上あごに当たっている場合に、過蓋咬合であると判断されます。

過蓋咬合による弊害は?

まず、過蓋咬合の場合は上の前歯の歯茎を傷つけやすい状態である、ということが挙げられます。歯茎が傷つくことによって口内炎などのリスクが上がります。さらに、下の歯によって上の前歯を押してしまうことになるため、上顎突出症につながってしまう場合もあると考えられています。
また、過蓋咬合は下あごの自由な動きが制限されたり、下あごを押し込むような力がかかっていることもあります。このような状態だとあごの関節に大きな負担がかかることで、顎関節症のリスクが上がってしまいます。

過蓋咬合はインビザラインで治療可能

過蓋咬合は、症状によってインビザラインでの治療が可能かどうか判断されます。例えば上下の奥歯を合わせている状態で、下の歯が1/2以上見えている場合は、比較的インビザラインでの治療も容易と考えられます。
ただし、下の歯が上の歯でほとんど隠れているような場合には、外科的な手術が必要になるケースもあります。そのため、自分の歯の状態はインビザラインで治療可能かどうかという点については、クリニックでカウンセリングを受けて医師の意見を仰ぐようにすると良いでしょう。

まとめ

過蓋咬合について紹介してきました。放置しておくとさまざまなリスクがあると考えられていることから、インビザラインでの治療を受けたいと考える方もいるでしょう。その場合、まず大切なのは信頼できるクリニックを探す、という点です。
可能であればいくつかのクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。自分の歯の状態をしっかりとみてくれたり、話を聞いてくれたりすることに加えて、治療方針について納得できる説明をしてくれるかどうか確認をしてみてください。
このクリニックであれば自分の歯の治療を任せられる、と感じたところで治療をスタートしましょう。

関連ページ

矯正歯科専門メディア ティースマイル 

矯正歯科治療(歯列矯正)の基礎知識
矯正治療の失敗例と失敗しないポイント
上顎前突症(じょうがくぜんとつしょう)・出っ歯(でっぱ)とは?
大人の矯正治療の効果とリスク
開咬(かいこう)とは?
矯正治療の種類
インビザラインの後戻りとリテーナー(保定装置)
下顎前突症(かがくぜんとつしょう)・受け口とは?
叢生(そうせい)(乱杭歯、八重歯)とは?
矯正治療の流れ
交叉咬合(こうさこうごう)とは?
\インビザライン専用の“iTero”3Dスキャナー導入/台東区の20~30代女性におすすめの
矯正歯科クリニック3選
秋葉原総合歯科
クリニック
秋葉原総合歯科クリニックのHPキャプチャ
最寄り
秋葉原駅より
徒歩5分
診療
時間
10:00~20:00
休診
祝日
TEL 03-6260-8513

インビザライン費用:
30~80万円

上野スマイル歯科
矯正専用窓口
上野スマイル歯科矯正専用サイトのHPキャプチャ
最寄り
御徒町駅より
徒歩1分
診療
時間
12:00~18:00
休診
火・木・
日曜日・祝日
TEL 0120-018-402

インビザライン費用:
70~80万円

入谷ひろまつ矯正歯科クリニック
入谷ひろまつ矯正歯科クリニックのHPキャプチャ
最寄り
入谷駅より
徒歩1分
診療
時間
9:30~12:30
14:00~18:30
休診
木・
日曜日・祝日
TEL 03-5828-4618

インビザライン費用:
85万円

※台東区でインビザライン専用の“iTero”3Dスキャナーを導入しているクリニックのみピックアップしています。
※iTeroとは、光学スキャナーでシリコンなどの印象材を使わずに、非接触で高精細に歯型を採り3Dのデジタルデータにして利用するものです。矯正治療で欠かせない「歯型をとる」作業の常識を根底から覆したものと言えます。

歯科矯正治療の費用と期間について

矯正歯科の一般的な費用は、ワイヤー矯正で80~150万円程度(表側矯正で80万円~100万円で、裏側矯正は110万円~150万円ぐらいが目安)、マウスピース矯正で30~90万円程度と言われています。使用する器具や治療期間によって費用に幅があります。
期間については永久歯列期(永久歯に生え変わった後)でで1~2年、状態によっては、3年以上かかることもあります。

副作用について

矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。
また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。