インビザラインのメリットとデメリット

インビザラインによる治療を検討する場合には、メリットだけではなくデメリットも知っておく必要があります。この記事では、メリット・デメリットそれぞれをご紹介します。

インビザラインのメリット

痛みが比較的少ない

インビザラインはワイヤー矯正と比較すると比較的痛みが少ないとされています。これは、マウスピースを使ってゆっくりと歯を動かしていくため。ただし、痛みを感じる度合いは個人差が大きい部分になりますので、痛みに弱い方はあらかじめクリニックで相談しておくと良いでしょう。いずれにしても痛みが心配な方にとっては一つの選択肢になるといえます。

周りに気付かれにくい

インビザラインは透明なマウスピースとなっているため、周りに矯正治療をしていることが気づかれにくい、という点が大きなメリットといえるでしょう。矯正治療を行いたいけれど周りの目が気になるために治療をはじめられないと悩んでいる方にはおすすめの治療方法です。治療中にも普段通り話をしたり、笑ったりすることができるようになります。

取り外しが可能なためストレスが軽減できる

自分で取り外しが可能である点もインビザラインの大きな特徴です。1日20時間程度装着することが推奨されてはいるものの、食事中や歯を磨く時などには自由に取り外しできます。しっかりと食事を楽しめますし、隅々まで歯を磨くことが可能。また、インビザラインを取り外して洗うこともできるので、いつでも清潔に保てる点もメリット。

インビザラインのデメリット

治療が長引く可能性がある

インビザラインは、ワイヤー矯正と比較すると治療期間が長引く可能性があります。これは、インビザラインはゆっくりと歯を動かしていくという特徴があるため。緩やかに歯を動かすために痛みが少ないというメリットがあるのですが、なるべく矯正治療の期間を短くしたい、と考えている場合にはあまり適していないといえるかもしれません。

歯の状態次第では治療ができないケースもある

例えば歯の凸凹が激しい場合など、状態によってはインビザラインでの治療が難しい場合があります。そのため、自分がインビザラインで治療可能かどうか不安な場合はまずカウンセリングで相談してみると良いでしょう。インビザラインでの治療が難しい場合には、ほかの適した治療方法を提案してくれるはずです。

治療を行っている歯科医院がまだ多くない

インビザラインに対応している歯科医院は、まだあまり多くありません。そのため、いつも通っている歯科医院では治療が行えないというケースもあるかもしれません。今通院している歯科医院で矯正治療をしたいと考えている場合には、まず対応しているかどうか確認してみましょう。

関連ページ

矯正歯科専門メディア ティースマイル 

インビザラインとは?知っておきたい基礎知識
インビザラインの効果
インビザラインと他の矯正治療の違い
\インビザライン専用の“iTero”3Dスキャナー導入/台東区の20~30代女性におすすめの
矯正歯科クリニック3選
秋葉原総合歯科
クリニック
秋葉原総合歯科クリニックのHPキャプチャ
最寄り
秋葉原駅より
徒歩5分
診療
時間
10:00~20:00
休診
祝日
TEL 03-6260-8513

インビザライン費用:
30~80万円

上野スマイル歯科
矯正専用窓口
上野スマイル歯科矯正専用サイトのHPキャプチャ
最寄り
御徒町駅より
徒歩1分
診療
時間
12:00~18:00
休診
火・木・
日曜日・祝日
TEL 0120-018-402

インビザライン費用:
70~80万円

入谷ひろまつ矯正歯科クリニック
入谷ひろまつ矯正歯科クリニックのHPキャプチャ
最寄り
入谷駅より
徒歩1分
診療
時間
9:30~12:30
14:00~18:30
休診
木・
日曜日・祝日
TEL 03-5828-4618

インビザライン費用:
85万円

※台東区でインビザライン専用の“iTero”3Dスキャナーを導入しているクリニックのみピックアップしています。
※iTeroとは、光学スキャナーでシリコンなどの印象材を使わずに、非接触で高精細に歯型を採り3Dのデジタルデータにして利用するものです。矯正治療で欠かせない「歯型をとる」作業の常識を根底から覆したものと言えます。

歯科矯正治療の費用と期間について

矯正歯科の一般的な費用は、ワイヤー矯正で80~150万円程度(表側矯正で80万円~100万円で、裏側矯正は110万円~150万円ぐらいが目安)、マウスピース矯正で30~90万円程度と言われています。使用する器具や治療期間によって費用に幅があります。
期間については永久歯列期(永久歯に生え変わった後)でで1~2年、状態によっては、3年以上かかることもあります。

副作用について

矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。
また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。