叢生(そうせい)(乱杭歯、八重歯)とは?

このページでは、叢生(乱杭歯、八重歯)とはどのようなものか、また考えられる弊害や治療について紹介しています。

叢生(そうせい)(乱杭歯、八重歯)とは?

叢生とは、歯並びが不揃いである状態のことを指します。一般的には乱杭歯(らんぐいば)と呼ばれており、この状態を放置していると健康に影響を与えることがあるため、治療が必要とされています。
患者により叢生の状態はさまざまで、人によっては歯が横を向いていたり、本来の位置からずれたところに生えている場合もあります。また、犬歯が前方に突き出ている状態は八重歯(やえば)と呼ばれる状態です。これは、あごの成長過程において、永久歯が生えるスペースが十分ではなかったために前方へ飛び出してしまって起きる状態です。

叢生(乱杭歯、八重歯)による弊害は?

叢生にはさまざまな弊害が起きる可能性があります。
まず、人と話している中で口を開けた時に歯並びが悪いことであまりよくない印象を与えてしまうことがあるかもしれません。このような外見上の問題に加えて、虫歯や歯周病のリスクも高まります。叢生の場合、歯が重なるように生えていたりするため、歯の隙間の食べかすや歯垢を取るのが難しい状態であることも少なくありません。このため、虫歯や歯周病になりやすくなるとともに、口臭などの問題が出てくる場合もあります。
さらに、歯並びの影響から噛み合わせが悪くなり、食べ物をしっかりと咀嚼できず健康面への弊害が起こる可能性も考えられるでしょう。

叢生(乱杭歯、八重歯)にはインビザラインが有効

叢生(乱杭歯、八重歯)に関しては、インビザラインによる治療が有効である場合が多いとされています。マウスピースを使用することにより、全体的に歯並びが乱れている場合でも改善が期待できます。
ただし、歯並びの状態によっては治療の可不可が変わってきたり、抜歯が必要かどうかという点が変わってきます。また、治療期間も状態によって異なるため、歯科医師の診察を受けること、また治療を開始した場合にはしっかりとマウスピースを装着するということが必要となります。

まとめ

叢生(乱杭歯、八重歯)について紹介してきました。インビザラインでの治療可能なケースが多いとご紹介しましたが、実際に治療を受ける際には信頼できるクリニックで治療を受けることが大切です。しっかりとカウンセリングを受け、納得できる説明をしてくれるクリニックを選びましょう。

関連ページ

矯正歯科専門メディア ティースマイル 

矯正歯科治療(歯列矯正)の基礎知識
上顎前突症(じょうがくぜんとつしょう)・出っ歯(でっぱ)とは?
矯正治療の種類
矯正治療の流れ
開咬(かいこう)とは?
過蓋咬合(かがいこうごう)とは?
矯正治療の失敗例と失敗しないポイント
空隙歯列(くうげきしれつ)・すきっ歯とは?
交叉咬合(こうさこうごう)とは?
下顎前突症(かがくぜんとつしょう)・受け口とは?
インビザラインの後戻りとリテーナー(保定装置)
\インビザライン専用の“iTero”3Dスキャナー導入/台東区の20~30代女性におすすめの
矯正歯科クリニック3選
秋葉原総合歯科
クリニック
秋葉原総合歯科クリニックのHPキャプチャ
最寄り
秋葉原駅より
徒歩5分
診療
時間
10:00~20:00
休診
祝日
TEL 03-6260-8513

インビザライン費用:
30~80万円

上野スマイル歯科
矯正専用窓口
上野スマイル歯科矯正専用サイトのHPキャプチャ
最寄り
御徒町駅より
徒歩1分
診療
時間
12:00~18:00
休診
火・木・
日曜日・祝日
TEL 0120-018-402

インビザライン費用:
70~80万円

入谷ひろまつ矯正歯科クリニック
入谷ひろまつ矯正歯科クリニックのHPキャプチャ
最寄り
入谷駅より
徒歩1分
診療
時間
9:30~12:30
14:00~18:30
休診
木・
日曜日・祝日
TEL 03-5828-4618

インビザライン費用:
85万円

※台東区でインビザライン専用の“iTero”3Dスキャナーを導入しているクリニックのみピックアップしています。
※iTeroとは、光学スキャナーでシリコンなどの印象材を使わずに、非接触で高精細に歯型を採り3Dのデジタルデータにして利用するものです。矯正治療で欠かせない「歯型をとる」作業の常識を根底から覆したものと言えます。

歯科矯正治療の費用と期間について

矯正歯科の一般的な費用は、ワイヤー矯正で80~150万円程度(表側矯正で80万円~100万円で、裏側矯正は110万円~150万円ぐらいが目安)、マウスピース矯正で30~90万円程度と言われています。使用する器具や治療期間によって費用に幅があります。
期間については永久歯列期(永久歯に生え変わった後)でで1~2年、状態によっては、3年以上かかることもあります。

副作用について

矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。
また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。